メディカルフードサービスの健康管理食宅配サービス「健康うちごはん」。管理栄養士があなたの食事療法をお手伝いします。

ご利用事例

食の改革-やわらか食の有効性を鑑みて

施設名 社会福祉法人 翠燿会
特別養護老人ホーム グリーンヒル
副施設長・管理栄養士 木下 福子 先生
ご利用商品名 MFSやわらか食

グリーンヒルの食、栄養管理は栄養ケア・マネジメント{介護看護、栄養の協働}と施設サービス計画に基いて、利用者の(最後まで口から食べたい)という思いを尊重している。
ここにやわらか食{凍結含浸法}の導入とその成果の事例を挙げる。

2014年4月14日
管理栄養士 木下 福子

【事例】

S様 女性 95歳 要介護度5 主訴 : 老人性認知症 ラクナ梗塞
H19.10入所時 要介護度4 BMI:17.3、自立摂取 粥・刻み 喫食量9割
H24.2入所5年 要介護度5 BMI:18.4、一部介助 粥・刻み 喫食量6~8割 Alb値2.8
H25.2入所6年 要介護度5 BMI:17.4、全介助 ミキサー食 喫食量5~6割 Alb値2.8
*傾眠+、開口障害+、浮腫出現+
看取り介護 開始
H26.1入所7年 やわらか食・昼食のみ導入
H26.3 やわらか食導入2か月後 昼食のみ
やわらか食 喫食量10割 Alb値3.1
*傾眠+、開口障害一、浮腫一消失

【考察】

当施設の利用者食の形態については、やわらか食のグレードの食種は刻み食として対応している現状である。
しかしMFSやわらか素材は凍結含浸法で軟化加工した技術改革、形状は見た目のおいしさ・嚥下の安全性・栄養価の安定性などが事例の成果に示唆された。
まさに利用者の嚥下機能回復、食欲アップ、摂取量の増加、栄養状態の改善、QOLの向上に繋がると考えられる。
何よりも利用者がお食事のたのしみを実感されたことが重要であると・・・今後も、食・栄養の有効性を推進していく方向である。

  • 豚肉の生姜焼き

    やわらか素材の使用

    豚ももスライス、あさり、ほうれん草、じゃがいも、にんじん

  • 豚肉のカツ煮

    やわらか素材の使用

    グリンピース、にんじん、じゃがいも、ハム、白菜、ブロッコリー

  • コロッケトマトソース

    やわらか素材の使用

    にんじん、あさり、カリフラワー、ブロッコリー

  • 牛肉のすき焼き

    やわらか素材の使用

    牛肉、にんじん、大根、キャベツ、南瓜、グリンピース

  • カレイの煮つけ

    やわらか素材の使用

    かれい、ほうれん草、じゃがいも、にんじん

  • 配膳・盛り付け担当 栄養士・岩井あつ子様
電話で注文
FAXで注文
資料請求
今月の献立