いなべん(田舎弁護士) みのる弁護士法律事務所  「的外れ 2014年10月号より」

2018.04.20

「⻑⽣きを楽しむコツ その5-節約を楽しむ」②

 

 実は、これには裏話があります。あの頃、主治医の食事療法の世界的権威である昭和大学藤が丘病院客員教授・出浦照國先生の熱心なご指導と、妻の「私が治してやる!」という熱意に支えられていました。そのような中では、「きんぴらごぼう」までしか書けませんでした。本当は「塩辛」もつまみ食いしていたのです。スーパーやデパ地下の試食コーナーを回るのが楽しみで、妻の買い物について歩きました。妻が買い物に気を取られているうちに、塩辛を試食しました。昇天した体験はないのですが、「昇天するほど美味」でした。そう表現する外ないほど、美味かったのです。「めまいがするほど美味しい」とか、「クラクラするほど美味しい」と言う言葉では、まだ足りない気がしたのです。「この世のものではない」というレベルだったのです。

「高血圧を治すには、食塩制限は不可欠だ」と出浦先生に教えられ、妻は厳しく食塩制限を徹底していました。計量器具を使って、0.1g単位で食塩を調整していました。それでも月1回の検査結果は、食塩オーバーとなっていました。出浦先生のスタッフの管理栄養士の先生と妻は、食事記録と検査データを見比べ、「なんでだろう?」と長い時間をかけて悩んでいます。つまみ食いを白状せざるを得ない状況です。きんぴらごぼうは白状しました。ですが、出浦先生と妻の熱意を知っている身としては、「塩辛を食べた」とまではどうしても言えませんでした。そんなわけで、あの句となりました。

私たちMFSは、食事制限には欠かせない厳正な計量調理と安全性を大切にしたお食事をお送りいたします。まずは、塩分制限食のお試しセットをご利用ください。

 

「⻑⽣きを楽しむコツ その5-節約を楽しむ」③
「⻑⽣きを楽しむコツ その5-節約を楽しむ」④
「⻑⽣きを楽しむコツ その5-節約を楽しむ」①