ビタミンB群②

2017.12.28

「脂肪を燃やす!ビタミンB₂」

ビタミンB₂は、別名「成長ビタミン」ともよばれ、細胞の再生に関与するため成長全体に欠かせない栄養素です。

粘膜を保護する作用もあり、「口内炎」や「皮膚炎」「角膜炎」も予防してくれます。

不足すると、皮膚や粘膜に影響を与える他、「冷え性」や「むくみ」なども引き起こす事があります。

ビタミンB₂は、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素をエネルギーに変換するお助けマンです。

脂肪をエネルギーに変えるため、ダイエット中生活習慣病や糖尿病の予防にも欠かせない栄養素です。

他にも、ホルモンの分泌に関わる甲状腺にとっても大切な栄養素ですので、むくみや冷え性が気になる方にもぜひおすすめしたいです。

ビタミンB₂が多く含まれている食材をご紹介いたします。

(一日の目安は、平均で約1.2mgです。)

含有量第1位は豚レバーです!なんと100gあたり3.6mgも含有している逸材です!

しかし、豚レバー…かなり馴染みがないですね。豚レバーが難しければ納豆はいかがでしょうか。

納豆は100gあたり0.56mgも含有しています。火も包丁も使わない便利な一品ですよね。

日本人の特権です。

そしてB₁にも登場しましたウナギさんは、100gあたり0.74mgも含有しています。ウナギはやっぱり体に良いのですね。久しぶりに食べたくなりました。

他にも秋刀魚や卵、アーモンドなどにも含まれていますよ。

これから寒くなって脂肪を蓄えやすくなる時期ですね。ぜひ、ダイエットや肌荒れが気になる方は、ビタミンB₂を積極的に摂取してみてください。

~次回は、「女性の味方!心とお肌にビタミンB₆」のお話です。