1日の塩分摂取量を下げるにはどうしたら良いか

2017.05.30

<友達にご共有いただけます>

1日の塩分摂取量を下げるにはどうしたら良いかについていくつかポイントをお伝えします。

①調味料ははかって使いましょう

食事中の塩分の70%が調味料に含まれています。例えばお醤油は大匙1杯で約2.5g、みそは大匙1杯で2.0gの塩分が含まれます。計量して使うことで、食事の塩分量を意識することができると同時に摂りすぎも防ぐことができます。減塩の調味料や塩分濃度計を使ってみるのも減塩への近道になりますね。

塩分を減らした分、だしや香味野菜など香りのあるものを使用すると美味しく食べられるのでお勧めです。


②汁ものなどのつゆは全部食べずに残しましょう

ラーメンやうどんなどは1食で5g以上の塩分が含まれます。(多いものだと9g以上なんてものも・・)そのうちスープに含まれる塩分は3g程度と言われていますので、全部飲まずに残すことで大幅に塩分をカットすることができます。


③表示されている塩分量やナトリウム量を確認しましょう

外食や加工食品を食べる際は表示されている塩分量を参考にしましょう。思っていたよりも塩分が含まれている・・なんてことがあると思います。ナトリウムで表記されていた場合、ナトリウム量(mg)×2.54÷1000=塩分相当量(g)となります。

 

=====================================

さて塩分についていくつかご紹介致しましたが、塩分を減らさないといけないのはわかったけど面倒くさいし大変そう。。
そんな方にオススメなのがMFS塩分制限食です!!冷凍のおかずのみのものは1食あたりなんと1.7g以下!!

さらに塩分を制限しているだけではなく、食物繊維は1食あたり8.5g以上!コレステロールは120mg以下!!
MFSでは食材や調味料すべてに含まれる塩分を計算、また作る際にもしっかり計量してお作りしていますので安心してお召し上がり頂けます。
とことん拘って作ったMFS塩分制限食!この機会に是非お試し下さい^^

 

<友達にご共有いただけます>