いなべん(田舎弁護士) みのる弁護士法律事務所  「的外れ 2014年5月号より」

2017.10.17

<友達にご共有いただけます>

「まだ、介護まではいらない。 でも、⽀援はほしい。」③

先日事務所に来所した、介護に携わっておられる看護師さんと介護士さんは、口を揃えて「要介護者認定を受けられた人やその家族は、比較的恵まれています。認定は受けられないが、介護を必要としている高齢者はたくさんいます。その人たちの救済も必要です」と強調していました。
その方達は、たまたま私がこの事務所便り『的外』の前号(平成26年4月号)において述べた『サコウ ジュウ』(サービス付き高齢者向け住宅)を読んだとのことで、「要介護状態、つまり、入浴、排せつ、食事等の介護までは 、必要ではないが、他人の力を貸してほしい、つまり『支援』が必要という状態の方はたくさんいます。そういう方達の支援が必要だと思われるケースが、身の回りに溢れています。そのような今日、『サービス(支援)付き高齢者向け住宅』という考え方は、社会的に極めて有意義です。是非やって下さい」と励ましてくれました。

つづく

<友達にご共有いただけます>