「身体」と「食材」について①

2018.04.20

<友達にご共有いただけます>

「心身に現れた症状で、自分の体質を見つめ直す」

 

皆さまは「心と体は深くつながっている」と聞いてどんな事を思い浮かべますか?

 

「体調が悪いと、なんだかイライラしてしまう」

「嫌な事が続くと体のどこかが不調になる」

 

このような状況はほとんどの方が経験した事があるのではないでしょうか。

中国の医学発祥の東洋医学では、養生法のひとつとして「気・血・水」の巡りで健康状態をみる方法があります。

体内をめぐっている、気(エネルギー)、血(血液)、水(水分)のバランスが崩れると不調があらわれるという考えです。

崩れたバランスによってタイプが分かれるので、自分がどのタイプなのかを知れば、身体に必要なものが分かるかもしれません。

気の不調には、気(き)虚(きょ)タイプ・気滞(きたい)タイプ

血の不調には、血(けっ)虚(きょ)タイプ・於(お)血(けつ)タイプ

水の不調には、水滞(すいたい)タイプ・陰(いん)虚(きょ)タイプ

 

さて、自分はどのタイプにあてはまるかご存知でしょうか。

 

メディカルフードサービス
商品開発

 

<友達にご共有いただけます>