クレアチニンって何?腎臓に関する検査値と基準値

2019.05.21

腎臓病
<友達にご共有いただけます>

腎臓に関する検査値まとめ

 

腎機能に関係のある血液検査項目と基準値を紹介します。

 

Cr(クレアチニン)

→男性0.65~1.09mg/dl女性0.46~0.82mg/dl

腎臓でしか排泄できないため、腎機能が低下すると上昇する。食事に影響されないため、腎臓そのものの働きを知ることができる。

 

BUN(尿素窒素)

8~22mg/dl

簡単に説明するとタンパク質の老廃物。食事と密接に関係している数値で、タンパク質を摂りすぎると上昇。

 

eGFR(推定糸球体ろ過量)

90mll/分/1.73m2以上

腎機能や慢性腎臓病の重症度(ステージ)を評価する値。

 

尿酸(UA)

男性3.7~7.8mg/dl、女性2.6~5.5mg/dl

プリン体の代謝産物で、痛風の原因となる老廃物。血液によって腎臓に運ばれ、尿によって排泄される。腎臓の排泄障害によって血中濃度が上昇。

 

カリウム(K)

→3.6~4.8mmol/l

腎臓からの排泄障害によって血中濃度が上昇。高カリウム血症は、脱力感や不整脈、心不全の原因となる。

 

リン(P)

2.7~4.6mg/dl

腎臓からの排泄障害によって血中濃度が上昇。高リン血症では、リンが体内に蓄積することによって骨がもろくなり、動脈硬化を促進させる。

 

腎臓病の方はもちろん、腎機能低下を指摘された方、特に何も指摘されていない方も一度数値を見直してみてはいかがでしょうか?日本人の8人に1人は慢性腎臓病と言われています。腎臓の働きは加齢とともに徐々に落ちていくものですので健康な時から、減塩など食事に気を付けて腎臓を守りましょうね。

 

メディカルフードサービス

管理栄養士

<友達にご共有いただけます>