腎臓病・透析患者はなぜリン制限が必要か

2019.09.12

腎臓病
<友達にご共有いただけます>

腎臓病の方でも「リン」について詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

今回はその「リン」についてです。リンは殆どが腎臓から排泄されるため、腎臓病の方は体内(血液中)にリンが溜まりやすくなります。Cr(クレアチニン)が高値であれば、腎臓由来でP(リン)が高値になっているといえます。血中のリンが高い状態が続くと高リン血症になってしまいます。

 

なぜリンを制限するのか

 

特に透析患者さんは高リン血症があると、血管壁や軟骨、心臓弁、肺、皮膚など骨以外の組織にカルシウムの沈着をきたす「異所性石灰化」を発症しやすいといわれています。

異所性石灰化を発症すると骨粗鬆症のように骨がもろくなるだけでなく、動脈硬化を生じて、心不全、不整脈、心筋梗塞や脳梗塞の原因となり死亡リスクが高くなり危険です。これを予防するためにも腎臓病、特に透析を行っている方はリンに注意する必要があります。

この血清リンが5.0mg/dl以上ですと高リン血症となります。これが7.0mg/dl以上、あるいは4.0mg/dl未満でも死亡リスクが高いと報告がされています。

 

リンの役割

 

ではそのリンですが、体内ではどのようなはたらきをしているのでしょうか。腎臓病の食事療法を行っているとどうしても「リン」は体に悪いものだと考えてしまいますが、リンは体内のミネラルの中でカルシウムに次いで多い栄養素です。

はたらきとしては、

・カルシウム・マグネシウムとともに、歯や骨をつくる

・筋肉、脳、神経などの組織でエネルギーを作り出すときに使われる

というようなはたらきをしており、体には必要な栄養素です。

 

リンをコントロールする食事

 

それでは、食事でリンをコントロールするためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、「リン」ですが、腎臓病食事療法基準では、透析(血液透析・腹膜透析)を行っている方のみ基準が定められています。

 

<リンの摂取量(mg/日)>

・たんぱく質(g)×15=リン(mg/日)

 

例えば1日のたんぱく質が50gと決まっている方は

「50(g)×15=750mg/日」となり、1日のリンの摂取量を750mg以下にしましょうということになります。

 

この計算式からも分かるように、たんぱく質を多く含む食品には、それと一緒にリンも多く含まれています。リンの摂りすぎを指摘されたときには、肉や魚、乳製品、大豆製品などの「たんぱく質摂取量」が多くないか見直しましょう。

 

関連記事>>【基礎編】透析の食事療法のポイントまとめ

 

メディカルフードサービス

管理栄養士

<友達にご共有いただけます>